【Lhardy】王族も愛した19世紀のクラシカルなムード溢れるマドリードの老舗でコシードを食べながら秋をはじめてみよう!

マドリード老舗レストラン Lhardy ラルディ

1839年創業以来、スペインの王族や政治家、そして文化人にも愛されている老舗レストラン ラルディ Lhardy。マドリードの老舗の中でも格別な存在で、歴史の一部にもなっているほどです。

今年は2019年なので、180年間営業し続けているお店です。

  19世紀のクラシカルな世界へタイムスリップ!

 この螺旋階段はまさにタイムマシーン♪

マドリードの中心地ソル広場から歩いて3分ほどにある、一目で老舗とわかるクラシカルな装いの店構えのラルディ。1階は店舗とバルで、2階がレストランになっています。

通りの扉を開け、細長い廊下を歩き、奥の螺旋階段を登ると、一気にマドリードの19世紀へ世界へタイムトラベルです!

豪華でアンティークな銀食器

店内は、創業当時に大流行していたロマン主義を思いおこさせる豪華な装飾や調度品で、クラシカルなムードいっぱいです。

  老舗のコシードを味わう!

Cocido Madrileño, Lhardy

ラルディにはたくさんの料理がありますが、ここで食べたいのがズバリ「コシード」!

コシード·マドリレーニョ Cocido Madrileño と呼ばれる、豚肉、鶏肉、ハモン、キャベツ、人参、じゃがいもなどの野菜類、そしてひよこ豆が入ったマドリードの郷土料理です。

旨味たっぷりのコシードのスープ♪

名物のコシードスープ!
野菜やお肉の旨味が凝縮されてて美味しい♪

ウエイターさんが丁寧にテーブル席で注いでくれます。フィデオ Fideo と呼ばれる短く細長い麺が入っているのが特徴です。

たっぷりコシードの具材もいただきます♪

スープを食べ終えたら、お肉や野菜の煮込みの具材をいただきます。トロトロに煮込まれた野菜、お肉系は出汁がでてしまった感ですが、スープの旨味を全部取り込んだホクホクのひよこ豆は絶品です♪

ラルディでは特製トマトソースと一緒に具材をいただきます。スペインの我が家では、トマトソースをつけて食べないのですが、上品な味でアクセントにもなるし真似したい美味しさです。

ラルディの店名入りラベルのリオハの赤ワイン

Soufflé Sorpresa

サプライズ·スフレと言われる名物スイーツです♪ ふわふわのメレンゲスフレの中にアイスが入っているデザートです(この写真はスフレがちょっと潰れ気味になってしまってごめんなさいね)。小さなポーションだと崩れているように見えますが、大きな型で作り上げ、美しい姿をしています♪

  女王イサベル2世も愛した名店

イザベル女王の間

レストランに入店してから食事をしている間、気のせいか、何だか時間がゆっくり流れているよう。まるで19世紀の空間に迷い込んでしまったかのようです。

きちんとしていながらも気さくなウエイターさんが、食後に奥の間へ案内してくださいました。クリーム色の壁が素敵な可愛らしい女性らしいお部屋。ここがスペイン女王イサベル2世の間だそうで、かつての女王もこちらで食事をしたそうです。

Salón Japonés 日本の間

奥のサロンには日本の間 Salón Japonés と呼ばれる、東洋スタイルの間もありました。ランプシェードは中国っぽいとも思えますが、東洋の扇子や陶器、壁には桃の花模様があしらわれていたりと、エキゾチックな空間です。

壁のお花の装飾は当時のまま

かつての政治家たちがこの間に集まり、会議をしたこともあるそう。もしかしたら、この桃の壁はそんな様子を見てたいたのだろうと、歴史の深みを感じました。

一階廊下にある1908年のメニューと料金(ペセタ)

季節は夏から深まる秋へ。そろそろあったかコシードが恋しい季節の到来です。こんな時期は名店で秋をはじめてみるのも良いかなって思います♪

  お店情報と一言メモ

マドリードのサンヘロニモ通りにある老舗 Lhardy ラルディ 

★一階はお惣菜や菓子パンやスイーツなど購入できます
★小さいですがスペースバルもあり。
★コロッケとコシードスープ!
★Lhardyとは、Le Hardi, L'Hardi(フランス語)大胆、勇猛、無鉄砲のとのことだそう。スペイン語だと intrépido の意味。

Lhardy
ラルディ
https://lhardy.com/

マドリード市の老舗プレートももちろんあり♪

スポンサーリンク

No comments:

Post a Comment

お気軽にコメントをどうぞ!