【レシピ動画あり♪】3月9日は国際トルティージャの日☆家庭の味スペイン風オムレツを作ってみよう!《"Tortilla de Patata" on Youtube》

丸くて切り込みの入ったとろとろ半熟スペイン風オムレツのトルティージャの画像
半熟にできた!スペインの家庭料理トルティージャ

Día Internacional de la Tortilla de Patata

 

『3月9日は、国際トルディージャ・デー』です♪


スペインのトルティージャ》と言えば、じゃがいもを使ったスペインの代表的な家庭料理。ホールケーキみたいにまん丸な形が特徴です。家庭ごとに味も作り方も微妙に違う、シンプルでいて奥の深い料理です。


ホームパーティで人が集まるときの一品として。バルのおつまみのタパスとして。レストランの名物料理の一品として。スペインの多くのシーンで楽しまれているとてもポピュラーな料理で、訪れる観光客のスペインで食べてみたい料理の一つでもあります。


そんなスペインの人々に愛されるトルティージャをレシピ付きでご紹介します。


祝★初投稿
Youtubeチャンネル開設でレシピを公開!

スペイン風オムレツ★トルティージャ🇪🇸スペイン義母から学ぶ簡単スペイン家庭料理レシピ♪】をユーチューブで公開中です。


スペインのトルティージャはフライパンをひっくり返す動きがあり、わかり易いように説明できればと考えて動画を作成しました。どきどきしながらYoutubeチャンネルを開設してレシピを公開。初投稿です!


ブログで説明できてないところをカバーできてれば嬉しいです。


ご興味ある方はチェックしてみてくださいね♪


我が家のトルティージャの作り方

スペイン風オムレツがフライパンの中で焼かれている様子
フライパンで焼かれているトルティージャ


今回ご紹介するトルティージのは、《スペインの義母に学んだ我が家のトルティージャ》です。義母のトルティージャは超半熟で中身がとろとろ&ふわふわ〜♪まさに絶品モノ!


何度作っても義母の味にならないけれど、毎回ドキドキ楽しみながらトルティージャ作ってます♪(笑)


卵やじゃがいもやオリーブオイルなどスペイン風オムレツ作りに必要な材料

【材料】

卵:4コ

じゃがいも:約500g(3コぐらい)

玉ねぎ:1/2 ※オプション

オリーブオイル:たっぷり

塩:適宜


スペインのトルティージャを作る手順でじゃがいもを切って油であげる様子
ジャガイモを切ってから溶き卵に入れるまでの手順


【トルティージャの作り方】

1 - じゃがいもの皮をむいて水で洗いカットする。切り方はいちょう切りでもさいの目切りでもお好きな方を。私はまな板なしでスライスするスペイン流です。


2 - カットしたじゃがいもに塩を加えて軽く混ぜる。塩加減はお好みで。私は塩を一握り弱かけます。しっかり目の塩加減がスペインでは多いです。


3 - フライパンにオリーブオイルを注ぎ、火をつけ、オイルが熱々になる前にじゃがいもを加えます。中弱火でじっくり、しんなりするまでコトコト炒め煮します。(15〜20分)


4 - フライパンでじゃがいもを炒め煮している間に、玉ねぎをカットしてフライパンに加えます。玉ねぎの切り方はスライスでも、粗切りでもお好みで。


5 - じゃがいもがほっくりしてきたら、フライパンからじゃがいも出してザルで漉します。このときオリーブオイルをよく切ります。そのままザルで粗熱をとります。


卵を焼く前に!
フライパンとお皿を持ってひっくり返す練習をしておくとGOOD!これ大事♪


スペイン風オムレツを作る手順を示す画像

一気に、ためらわず、ひっくり返しましょう!


6 - 大きめのボールで卵を泡立て器で溶き、粗熱のとれたジャガイモを溶き卵に入れてよく混ぜます。


7 - 油をひいた温まったフライパンの中にジャガイモ入りの溶き卵を入れ、フライパンを揺すって、フライパンに卵が焦げないようにします。


8 - 火加減にもよりますが、中火で1分・2分くらいで一回目をひっくり返します。お皿をフライパンの上に置いて、一気にためらわずひっくり返します。コンロの上を避けると、万が一失敗したとき大惨事を避けられます。(笑)


9 - フライパンにはみ出た卵や具をヘラを使って形を整え、同じように反対側も焼きます。2〜3回ひっくり返して出来上がりです♪


ひっくり返すときのポイント!
ためらわずに、一気に、ヒックリ返しましょう!

ヒックリ返

アレンジもたくさん
赤ピーマン、青ピーマン、ツナ缶、ハム、玉ねぎのキャラメリゼなど、あなたのアイデア次第でアレンジも広がります♪



フライパンについて

スペイン・トルティージャを作るとき用の2つのフライパン
ひとまわり小さいフライパンで焼くと初心者でも高さがでます


トルティージャは一つのフライパンで作るのが一般的ですが、私の場合は失敗せずに高さを出したいので2つ使います。


じゃがいもを炒めるフライパンと、トルティージャを焼く用にひとまわり小さいフライパンを使います。この方法だと初心者さんでも上手に焼けます。


ちなみに今回は、じゃがいも炒め用24cm、トルティージャ用20cm のフライパンを使用。トルティージャを焼きくとき「焦げにくくて軽いフライパン」がおすすめです。


現地スペインでは一つで両面焼けるフライパンも販売されてます!


トルティージャに関するスペイン語

Tortilla de patata:スペインのトルティージャ

Tortilla Española:スペインのトルティージャ

(日本語訳でスペイン風オムレツと言われることも)


Huevo:卵

Patata:じゃがいも

Cebolla:玉ねぎ

Aceite de Oliva:オリーブオイル

Sartén:フライパン

Dar la vuelta a la tortilla :トルティージャをひっくり返す


トルティージャは玉ねぎなし?玉ねぎ入り?

半分にカットされた白い玉ねぎ
Tortilla de patata con cebolla o sin?


スペイン人達が「我が家のトルティージャ自慢♪」をするときに、必ず話題になるのが《玉ねぎなし?玉ねぎ入り?》です。これ真剣です!純粋とされるのがじゃがいもだけ派らしいけれど、我が家は玉ねぎ入り派。


玉ねぎ入れるとトルティージャに甘さが加わりジューシーに仕上がります♪


さいごに

半熟三角にカットされて中身の半熟状態がみえるスペインのトルティージャ
半熟トルティージャに挑戦!


私が作るトルティージャは小さめですが、シェフ達はもちろん、スペインのセニョーラ(主婦)達は大きいトルティージャをいとも簡単に作ります。


卵やじゃがいもなど具材が多いとフライパンが持ち上げられないほどの重量に。バルやレストランで大きなトルティージャを見るだけで、すごいと関心してしまいます。


この国際トルティージャ・デーを機会に、スペイン風トルティージャ作りに挑戦して、スペインの味を楽しんでみては♪



スポンサーリンク

No comments:

Post a Comment

お気軽にコメントをどうぞ!