買い物中にびっくり!スペイン天然マグロの解体ショー始まりました!Ronqueo Almadraba《El Corte Inglés編》

El Ronqueo de Atún Rojo de Almadraba

毎年5月頃になると、巷に出回り始めるスペイン産天然まぐろAtún Rojo de Almadraba アルマドラバ漁で捕れる本マグロ》!南スペイン·アンダルシアカディス沖で捕れる見事な天然まぐろは、独特伝統的な漁法で獲られることでも知られ、その脂の乗った深い味わいは、お刺身で美味しい、焼いても美味しい、スペインのグルメ達の舌を唸らせる最高級の本マグロです♪

  土曜日の買い出し

何気なくスーパーでお買い物してたら、バタバタと従業員達が何やら催し物の準備中。はて、何かな? スタッフに尋ねてみると、「20分後に《アルマドラバ》の解体ショー ”ロンケオ Ronqueo” を開催するので、ご興味ありましたらどうぞ~♪」との事じゃない!興味ありありで、のんびりお買い物してる場合じゃないわ! 

さっさと買い物を済ませて解体ショー見るために陣取りです♪少しずつ見物人達が集まりだして、あっという間にたくさんの人だかり。この日は土曜日だった事もあり、大勢の子供達も集まってきました。

  天然マグロの解体ショー"Ronqueo"の始まり

201kgの天然マグロ登場!

ジャ~ン!会場に201kgの天然マグロ登場です!ロンケアドレス Ronqueadoresと呼ばれるマグロ解体職人さん達が、この日は二人一組で解体していきました。

マグロを丁寧で手早くさばく様子

先が引っかかる長い道具を使い、マグロを上手に横に向けたり、ひっくり返したり。そうかと思うと、一気にナイフでマグロをさばき始めました。とにかく手捌きが早い!マイクで担当者が今何をしてるか、どんな部位なのが詳しく解説してくれるのですが、解体の方が早い感じです。

  どうしてロンケオって言うの?


マグロの解体中に、包丁が骨にあたる時にする"タカタカタカタカ"と言う音。リズミカルで大きな音です。マグロの解体中に聞こえるこの音から、解体=ロンケオと呼ばれるようになったと説明がありました。

今すぐお刺身で食べたい、見事な天然マグロの赤身♪

トレーに並べられる本マグロの部位

赤身、背中、腹、脳天、頬などなど、解体部は20部位以上!本まぐろの部位ってこんなに種類があったのね、と驚きです。部位ごとに丁寧にトレーに並べられて、本日の特売の魚売り場へ運ばれて行きました♪

★マグロの部位スペイン語名称は《こちらPDF by Petaca Chico》を参考に♪

  魚売り場の本日の特売!

さばきたての本マグロを買う気満々で、魚売り場へ行き整理番号を取ったら、ガーン!ショック!30番以上待ち!買い出し日の土曜日である事&マグロの解体ショーで、お魚売り場は凄い事になってました。かなり待ったとしても、希望の部位は売り切れちゃってるわね、これじゃ。(苦笑)


さっきまで横で一緒に解体ショー観てた親子が、マグロ買ってるじゃない!どうやら、解体ショーが終わる前に、整理番号だけ取りに行ったよう。さすが地元人、こういう機転がよくきくなぁ。ぼけっと見てるだけじゃダメだと痛感です。次回どこかで解体ショーに出くわしたときは、ショー終了前に整理番号をゲットするのを忘れないようにしないとです!

各スーパーで天然マグロを真空パックでも販売していて美味しいのですが、さばきたてのマグロは美味しすぎます♪

マグロの解体ショーは、マドリードのあちこちのスーパーマーケットで不定期で開催されます。今回はエル·コルテ·イングレス系のイーペルコールでしたが、ご興味のある方は、この時期、気になるスーパーのホームページをチェックしてみて下さいね♪あらかじめサイトで開催日や時間のお知らせしているとの事です。


El Corte Inglés Supermercado
エル·コルテ·イングレス·スーパーマーケット
https://www.elcorteingles.es

Hipercor Supermercado
イーペルコール
https://www.hipercor.es

Petaca Chico Almadraba
ペタカ·チコ·アルマドラバ
http://www.petacachico.com/

スポンサーリンク


No comments: