【El Cangrejero】マラサニャ地区にあるマドリードの伝統的なバルは旧Mahouビール工場のお隣さん!

Las Cigalas スペインのバルに並ぶヨーロッパ海老
La Cigala ヨーロッパ海老

スペインの夏のバカンスは日本に比べて長く、夏になったらみんなバカンスへ行ってしまうので、夏は何かと友人らと会う機会が少なくなります。そんな本格的な夏が来る前に、友人たちと会うことに♪

マドリードの地元っ子達が集まるマササニャ地区で野外フェスティバルが開催されるという情報ゲット!わいわい集まるにはちょうどいいので、フェスティバルへみんなで行く事になりました♪

そして、この夏のフェスタへ行く前に集まったお店がここ、今回ご紹介するバル エル·カングレヘロ El Cangrejero です。

  歴史を感じるグラス一杯のカーニャ

スペインのマドリードの小グラスカーニャ(生ビール)
グラス一杯のカーニャ

バルを一歩入ると左手にバーカウンターがあり、カウンターの後ろは年代物のビールの陶製ピッチャーが飾られ、高く積まれたおつまみ用の色とりどりの缶詰類。奥のテーブル席は時代を感じる椅子とテーブル。マドリードの本場バルというレトロな雰囲気たっぷりです。

El Cangrejero マドリードの老舗バルのレトロな店内
エルカングレヘロの店内

「カーニャ(生小ビール)ポル·ファボール!」と注文です。
バルカウンターの中で少しとっつきにくそうな年配の方がカーニャを注ぎました。なんとも早技でクリーミーな泡立ちカーニャは素晴らしい♪

友人の一人が「ここのカーニャすごいだろ?」と。
聞けば、このお店には友人のお父さんがよく通っていて、お父さんと一緒に来たという良く知るバルだったのです。

  バルのお隣に今も残るレンガの煙突

レンガの煙突がお隣にあるマドリードの老舗バル
お店のお隣にレンガの煙突

「あれ見て!何だか分かる?」
外へ出て見上げればびっくり!レンガの古い煙突が屋根の上から見えるじゃない!そう、今も残るこのレンガの煙突は、マドリードの地ビールとして有名なCerveza Mahou マオウビール旧ビール工場の煙突だそう。

Mahouビールのレトロな看板
Cangrejero y Mahou juntos desde 1937

このバルは旧マオウビール工場がお隣さんだったんだ!

店内を見渡すと「Cangrejero y Mahou juntos desde 1937 〜カングレヘロとマオウは1937年から共に〜」と示された趣のある貴重なタイルの看板を発見。そして旧ビール工場で使われいたという貴重な物も展示してありました。

旧Mahouビールのお隣さんだけに、Mahouビールに関しては知り尽くしているという感じ。どうりで注ぎ方もピカイチな訳ね。

  旧マオウビール工場の今

マドリードのABC新聞社ミュージアム
現在のABC新聞社ミュージアム

ちなみに旧マオウビールは、現在ABC新聞社ミュージアムになっています。私はまだ入館したことがないのですが、新聞社の資料を閲覧するのも大事ですが、旧ビール工場の古い建物の内部は、今どうなっているか興味津々です。

  どうしてカングレヘロ(蟹屋さん)

Mariscosの表示もあるマドリードの老舗バル
Mariscos 魚貝店の文字も

なんでも昔は魚介店だったらしく、カニや海老など生きたまま販売していたそう。バルの入口上にも「Mariscos (魚貝)」の表示が今もあります。当時のマドリードでは生きた魚介はとても貴重なものだったそうです。

Gambas スペインのマドリードで食べる海老のボイル
Gambas! みんな大好き海老のボイル!

あれやこれや、バルの歴史を嬉しそうに話す友人を見て、さっきビールを注いでくれた怖そうな店員さんも無口だけれど何となく嬉しそう♪ 聞けば、これまたびっくり、お店のオーナーさんとの事!一見怖そうでも心があったかい、まさにカスティソCastizo=マドリード生粋なオーナーさんでした♪

スペインの都市として急速に発展し続けるマドリードの片隅に、現在も営業し続けているマドリードの生粋伝統的おやじバル。いい味出してます。これかも頑張って続けてもらいたいなっ♪

  お店情報

El Cangrejero エル・カングレヘロの店構え
El Cangrejero エル·カングレヘロの店構え

El Cangrejero
エル·カングレヘロ
Calle de Amaniel, 25, Madrid

スポンサーリンク

No comments:

Post a Comment

お気軽にコメントをどうぞ!