夏が旬の魚ボニート・デ・ノルテのオーブン焼き★レモン風味で味わうスペイン魚料理の簡単レシピ《Ventresca de Bonito del Norte al horno》

白マグロの脂身の多いベントレスカのスペイン風オーブン焼き
オーブンで焼きたてのベントレスカ

今年もそろそろ夏!ボニート・デル・ノルテ Bonito del Norte が巷で出回りはじめています。

ボニート・デル・ノルテは夏が旬の魚。6月から10月にかけて北スペインカンタブリア海の近海で獲れる名物の魚で、「別名:白マグロ」とも呼ばれスペインで親しまれています。

このボニート・デル・ノルテ魚の『 Ventresca ベントレスカ』と呼ばれる部位、日本なら脂の乗った腹カミ(大トロ)部位を、夏でも爽やかに食べられるレモン風味のオーブン焼きをご紹介します♪


ボニート・デル・ノルテのレモン風味オーブン焼きレシピ

スペインのボニート・デル・ノルテのベントレスカのオーブン焼きが出来上がった様子
Ventresca de Bonito del Norte al horno

【材料…3〜4人分】

ボニート・デル・ノルテのベントレスカ(今回は約700g)

具材A:じゃがいも・玉ねぎ・赤ピーマン・青ピーマン

具材B:にんにく・フレッシュ西洋パセリ・塩・黒胡椒・レモン果汁

スペインの魚ボニートデルノルテのベントレスカをオーブンに入れる前と焼き上がり写真
ベントレスカをオーブンに入れる前と焼き上がり

【作り方】

1. オーブン220度に予熱する。

2. 下ごしらえ1:具材Aをスライスしてじゃがいもがしんなりするまで、オリーブオイルで炒める。

3. 下ごしらえ2:具材Bを臼やハンドミキサーで潰し、最後にレモン汁を加えて良くかき混ぜる。

4. オーブン用の耐熱皿に、下ごしらえ1で炒めた野菜をベッドのように広げて、その上にベントレスカを乗せる。下ごしらえ2で潰した具材Bをベントレスカの上にまんべんなくかけてオーブンに入れて焼く。220度で約15分。

スペインのボニートデルノルテをオーブンで焼いている様子
オーブンでの焼く加減は焼き具合を見ながら調節

【注意すること】

焼き時間は目安です。ベントレスカの大きさによって調節してください。ベントレスカをオーブンで焼きすぎないように気をつけましょう♪

具材Aの野菜の量と具材Bの調味料加減は、ベントレスカの大きさとお好みで調節してください。


脂の乗った旬のベントレスカを食べてみる!

焦んがりオーブンで焼かれたスペインのボニートデルノルテがお皿に盛り付けられている様子
表面はパリッ、中身はジューシーなベントレスカ♪

ベントレスカは脂身が多い部位です。我が家は魚の表面をパリッと軽く焦がし、中身はジューシーで噛むと旨味が溢れる焼き加減が好みです。なので、オーブンの温度を少し高めに設定して焼き上げます。

オーブンの焼き時間が短いので夏の暑い季節でも我慢できます(笑)。脂身が多いベントレスカですが、レモンとパセリの爽やかな風味と相性が良く、夏でも熱々で食べたくなるスペインの魚料理です。

今回はベントレスカでオーブン焼きをご紹介しましたが、他の白身魚でアレンジしても美味しいです♪



スポンサーリンク

No comments:

Post a Comment

お気軽にコメントをどうぞ!