再開されたマドリード王宮の一般見学はどんな感じ?再開直後の王宮体験!《Reapertura de Palacio Real de Madrid》

Palacio Real de Madrid ヴェルサイユ宮殿風の豪華なマドリードの王宮
Palacio Real de Madrid, Spain

マドリードの王宮 Palacio Real de Madrid は、新型コロナウイルス感染症の影響で見学ができなくなっていましたが、6月10日から再び一般公開されて見学ができるようになりました。

6月21日に緊急事態宣言が解除されたスペインですが、まだマドリードに観光客の姿はありません。いつも観光客でいっぱいのマドリードの王宮。もしかしたら空いてるかも?と思い、この機会に王宮を訪れてみることに♪


再開直後のマドリード王宮の見学入場はどんな感じ?

Almudena Palacio Real de Madrid マドリードの王宮とアルムデナ大聖堂
マドリードの王宮の一般見学入口

王宮の見学入口に向かうと…、誰もいないじゃない!

前日に朝10時の見学入場チケットをオンラインで事前購入してから王宮へ。王宮の一般見学の入口はアルムデナ大聖堂側。いつものなら長蛇の列ですごいことになっています。

先日プラド美術館へ行った時、オンラインで入場チケットを事前購入して行ったけれど、予約時間には入れず少し待たされたので、今回も少しは待つのかなって思っていました。

今回は待つどころか、最初開いてないかと思ったくらい。

Catedral de N.S. de la Almudena アルムデナ大聖堂をマドリードの宮殿から見た風景
Catedral de N.S. de la Almudena, Madrid
アルムデナ大聖堂

王宮の敷地内、そして王宮の向かいに建つアルムデナ大聖堂前にも人影がないのは驚きです。

こんなマドリードみたことない。。。


マドリードの王宮内へ入ってみる!

Palacio Real de Madrid マドリードの王宮の豪華な正面階段
マドリード王宮の正面玄関の階段

「王宮専属ガイドの説明があるけれど希望しますか?」

王宮の建物内に入ると、専属ガイドさん達の無料案内を希望すれば聞くことができるようです。もちろん答えは「 Sí!(はい)」

案内の希望者が集まるのをしばらく待ったのですが、誰も来ないので私一人で専属ガイドさんの説明を聞くことに。

ガイド説明は15分くらいの一般概要。王宮の歴史、見学できる各広間の特徴などわかりやすく説明して下さったので、その後の見学に役立ちました♪

Palacio Real de Madrid 豪華な装飾が見応えあるマドリード宮殿
豪華な装飾が見応えあるマドリード王宮の正面玄関

正面玄関の大きな階段を登ると宮殿内へと進みます。玄関は吹き抜けになっていて、天井を見上げると豪華な絵画と装飾が素晴らしい。

このマドリード王宮は、スペイン国王アルフォンソ13世の時代まで歴代のスペイン国王が実際に住まいとした宮殿です。

現在の国王フェリペ6世はマドリード郊外の宮殿に住んでいますが、公式行事などでこのマドリード王宮が使用されています。


EU加盟条約の締結した列柱の間
Salón de Columnas

Salon de Columunas マドリード王宮の歴史ある列柱の間
マドリード王宮の列柱の間 Salón de Columuas

1985年6月12日にスペインのEU加盟の条約が締結した「 列柱の間 Saón de Columunas 」です。正面中央にプラド美術館と同じ「皇帝カルロス5世像」があり、その周りを囲むように柱が並ぶ歴史的な大広間です。

いつもならこの列柱の間に絨毯が引きつめられていますが、コロナ対策として絨毯が取り外され、美しい大理石の床を見ることができました♪

この他にも、玉座の間 Salón de Trono、磁器の間 Gabinete de Porcelana、カルロス三世にまつわる間。コロナ対策で制限があるにもかかわらず、思った以上に多くの間を見学できたなという印象です。

今回、 餐宴の間 Comedor de Gala は見学できなかったものの、玉座の間の半分に餐宴用のテーブルセットが美しく設置され、クラシカルで豪華絢爛な様子はやっぱり圧巻でした♪

注:写真撮影禁止の場所が多いので玉座の間などの写真はありません〜。


王宮のアンティーク時計とアルムデナ大聖堂の鐘

Palacio Real de Madrid マドリードの王宮の窓越しから眺めるアルムデナ大聖堂
王宮から見るアルムデナ大聖堂

何度も王宮を訪れたことがあるけれど、こんなに人のいない見学は初めてです。それぞれの広間に入るたびに、ここ入っていいのかな?って思うくらい貸切状態で静寂そのもの。

今回の見学で一番印象に残ったのは、チクタクと、精巧で美しいアンティーク時計の「時」を刻む繊細な音。静かな空間にそれぞれの音が響いていてとても心地良かったです。

朝10時に入場してそろそろ12時。コロナ渦なのでざっくり見学して帰ろうと思ってたけれど、あまりにも静かな王宮でついつい夢心地で2時間も経ってました。

ガラーン、コローン、
ガラーン、コローン、、、

出口へ向かおうとしたとき、突然 アルムデナ大聖堂の12時の鐘が鳴り、そのダイナミックな音が王宮内に響き渡りました。まるでシンデレラの魔法がとけちゃうみたい!

という訳で、つかの間のシンデレラタイム終了です。そのあとは家に帰ってお昼ごはんの準備したりと現実へと戻りました♪(笑)

お馴染みの王宮ですが、今回の見学はいつもと違った雰囲気の中で見学でき、マドリード在住者としては貴重な経験になったかなって思います。

7月からEUは外国人の渡航制限を段階的に緩和していく方針です。感染拡大の予防も新しい日常も順調に進んでくれればと願います。




マドリード王宮情報と一言メモ

Palacio Real de Madrid マドリード王宮内の特別展の開催の様子
王宮内で開催していた特別展 La otra Corte

●王宮見学は、新型コロナ感染拡大防止ガイドラインに沿って係員の指示に従いながら入場します。マスク着用、検温、手荷物のセキュリティ検査があります。ロッカー利用不可。

●マドリード王宮と同様「マドリード州内の王宮」も再開されました。

-Palacio Real de El Pardo
-Palacio Real de Aranjuez
-Palacio Real de la Granja de San Ildefonso y Jardines
-Palacio Real de Riofrio
-Monasterio de San Lorenzo de El Escorial

●9月15日まで開催されている特別展「La Otra Corte」も見応えありです。


Patrimonio Nacional 
Palacio Real de Madrid
マドリード王宮情報・公式サイト
https://www.patrimonionacional.es/visita/



スポンサーリンク

No comments:

Post a Comment

お気軽にコメントをどうぞ!