マドリッドの守護聖人サン·イシドロ祭りが始まります!《準備編》【Fiestas San Isidro 2018】

Los chulapos bailando el chotis
チョティスを踊るチュラポス

今年もマドリッドで《サン·イシドロ祭り》が始まります♪ 5月15日はマドリッドの守護聖人サン·イシドロ San Isidroの日。1082年に誕生して1172年に没する間、数多くの奇跡を起こして聖人となったサン·イシドロ·ラブラドル San Isidro Labradorを祝う日です。

  マヨール広場とその周辺

ここ数日、晴天に恵まれて気温がぐんぐん上昇しているマドリッド。旧市街、マヨール広場周辺やビスティージャス、プラデラ付近は急ピッチでお祭りの最終準備が進められています♪

Fiestas San Isidro en Plaza Mayor
サン·イシドロ祭 マヨール広場

マドリッド伝統舞踊や音楽コンサート、その他たくさんのイベントが行われるマヨール広場にはステージが設置されていました。今年のサンイシドロ祭りのイメージ·デザインは、明るくて華やかなお花がモチーフです。マドリッド市の紋章である熊とマドローニョの木ですが、ステージ正面右上にはそのマドローニョもありました♪


カラフルな小旗が可愛い
サンイシドロ祭を迎える旧市街の通り

お店に飾られたマドリッド伝統衣装

マヨール広場周辺にある、伝統衣装を扱うお店のショーウインドウ。マドリッド女性用伝統衣装が飾られてます。子供用衣装もあって可愛い♪ガラスの反射で見にくいけれど、男性用ももちろんありです。

  マドリッドの伝統衣装の特徴


女性は白いスカーフを頭に被り、真っ赤なカーネーションを頭につけます。上の写真のように、腰から膝にかけてマーメイド型のドレスが主流。黒白チェックの模様から、赤や水色、花柄などの模様もあり。ドレスの上にマントン·デ·マニラ Mantón de Manila という美しい花柄のショールを纏います。

男性は白いシャツに黒いズボン、黒白チェックのベストとジャケット、そして白黒チェックのハンチング帽子を被り胸にカーネーションをつけるのが特徴です。


  マドリッドのお祭りで特に使われる用語

マドリッドのお祭りでよく耳するに用語をまとめてみました。

chulapa, chulapona, manolas, majas
チュラパ、チュラポナ、マノラ、マハ。
マドリッド女性の呼び名(特に衣装を着ている時)

chulapo, chulo, manolos, chisperos, isidros, majos
チュラポ、チュロ、マノロ、チスペロ、イシドロ、マホ。
マドリッド男性の呼び名(特に衣装を着ている時)

un madrileño castizo カスティソ
生粋のマドリッドっ子

Chotis madrileño チョティス
マドリッドの伝統舞踊曲。お祭り時などでマドリッド子達が曲に合わせて歌い踊る。


5月11日〜15日の5日間行われるサンイシドロ祭。週末には巨大な人形が練り歩いたり、出店や遊園地が出たりと、老若男女全ての人が楽しめる盛りだくさんなイベント内容です。

サンイシドロ祭の情報カタログは、マヨール広場の観光センター、マドリッド市営の美術館などで無料で配られています。もちろんインターネットで公式サイトから情報ゲット可能。サンイシドロ祭にご興味のある方は、是非チェックしてみて下さいね♪

サンイシドロ祭りの様子は次に続きます。


Web Oficial de Turismo
マドリッド市サンイシドロ祭情報サイト
www.esmadrid.com

Web Oficial de Fiestas de San Isidro 2018
サン·イシドロ祭イベントプログラム公式サイト
sanisidro.madrid.es


No comments:

Post a Comment