ゴヤ、ダリ、ピカソ、スペインを代表する画家たちが学んだ王立美術アカデミー【Real Academia de Bellas Artes de San Fernándo】

Real Academia de Bellas Artes de San Fernando
サン·フェルナンド王立美術アカデミー

ゴヤ、ダリ、ピカソなど、スペイン美術ファンでなくとも聞いたことのある、スペイン美術界の巨匠たちが学んだ美術学校がこのサン·フェルナンド王立美術アカデミー 。この美術学校はマドリードのソル広場から徒歩2分の所にあり、1986年から美術館として一般公開されています♪

主に16世紀から18世紀の絵画1,400点、彫刻600点、デッサン15,000点以上のコレクションを収蔵。かつてゴヤがこの王立美術アカデミーのディレクターだった事もあり、ゴヤのコレクションは見応えありでゴヤ·ファンは必見です♪

今回は私の所属するマドリッド文化センターの授業の一貫で、このサン·フェルナンド王立美術アカデミーを訪問。学芸員さんが専属で私達グループを案内して下さいました。

  王立サン·フェルナンド美術アカデミーの成立ち

フェリペ5世の統治時代、芸術の都パリやローマやフィレンツェのように、デザイン、絵画、彫刻や建築など、あらゆる芸術に対する育成と発展そして保護を目的とする王立美術アカデミーの構想が生まれ、1752年フェルナンド6世が統治していた啓蒙主義時代に正式に創立されました。

現在の場所に移転される前の美術アカデミーは、マヨール広場のカサ·デ·ラ·パナデリア Casa de la Panadería にあったそう。1773年に建築家チュリゲラ Churriguera が設計したバロック様式の銀行家ゴジェネチェの邸宅 el Palacio de Goyeneche を、ディエゴ·デ·ヴィジャヌエバ Diego de Villanueva によって新古典様式に改装され、現在の場所に移転されました。

  美術館内へGO!

美しい美術アカデミーの建物内

チケット購入場所はプラド美術館やソフィア王妃芸術センターとは違い、まず建物に入ったら入口の警備員さんへ美術館へ行く旨を伝えて建物内部を進みます。階段を登ると1階(La Primera Planta:日本式の2階)天井の高い間の奥に "Taquilla チケット売場" があります。手荷物預かり所も完備♪

Taquilla:美術アカデミーのチケット売場


  所蔵コレクション

El Entierro de la Sardina 鰯の埋葬 (1812-1814)
画家フランシスコ·デ·ゴヤ

ゴヤの作品「鰯の埋葬」です。82 X 60cm 想像よりも小さな絵画ですが、全体的にしっかり描かれ力強い。ぱっと見はカーニバルでお酒に酔って楽しそうに踊る民衆を描いた風ですが、よく見ると人々の表情や様子はなんだか不気味で怖い雰囲気が漂ってます。絵画中心部分は明るい色使いなのに、背景は薄暗い灰色。特に旗に描かれている黒い顔。ゴヤが後に暗いテーマを描く《黒い絵》のプロローグ的と言える作品です。

有名なゴヤの「自画像」は貸し出し中でした。あら〜、残念!

San Diego de Alcalá y los pobres 1646
画家バルトロメ·エステバン·ムリーリョ

サン·ディエゴ修道士と食事を分け合う貧しい市民達の様子を描いた作品。お腹を空かしてるだろう子供達、ちゃんと食事前のお祈りしています。幼くして両親を失い姉に育てられたというムリーリョ。左の隅に描かれてる子供を抱く女性がその姉Anaと言われています。

La Primabera 春 1563
画家ジョセッぺ·アルチンボルド

遠くで見ると肖像画そのものだけど、近くで見ると花や植物一つ一つ色鮮やかに描かれてて素晴らしい♪16世紀の作品なのに昨日描かれたと言っていいほど、色彩がはっきりしてて驚きです。ジョセッぺはイタリアの画家。←スペイン人じゃないのね。ちなみにこの絵、パリのルーブル美術館に展示されていた様な…!?

王立サンフェルナンド美術アカデミーの講堂

スペイン国内の美術機関の重要本部ということもあり、館内には立派な講堂もあります。公式行事で使用されています。

現在では絵画などの他に音楽芸術にも力を入れていて、時々コンサートも開催されています。コンサート情報 →《こちら

  日本の生け花イベント


IKEBANA
El amor, el hombre, la naturaleza

この美術アカデミーで開催される日本の生け花のイベント展覧会のお知らせをみつけました!期間は4月19日〜4月22日だそう。生け花の展示の他、生け花に関する講習もあるそうです。今年は日本とスペインの交流150周年を記念してたくさんのイベントがスペインで開催されています。興味ある方は是非♪
生け花イベントの案内 →《こちら

  ソル駅に近い美術館

ソル駅に近い見応えだらけの作品が展示されているこの美術館。私が行ったのは朝11時。プラド美術館だったら大混雑してる時間。でもここなら見学者も少ないので入場するのに並ばないで済むし、しかも静かに美術鑑賞できるのもいい♪

たまたまかもしれないけど、見学途中、絵画鑑賞に役立つ美術アカデミーオフィシャル動画の撮影もしてたくらい見学者が少なかったです。

ソル広場周辺にいて、プラド美術館までは時間がないけど良い絵画を見たいなぁっという方にもオススメできちゃう美術館かなっ。

ちなみに私が行った日は4月12日。なんと美術アカデミーの創立記念日でした〜♪ 記念すべき日に偶然訪れたなんて何だか嬉しい♪膨大なコレクションを所蔵してるので、展示作品は頻繁に変わります。行く毎に違う作品に出会えるので、次回も楽しみです。

Real Academia de Bellas Artes de San Fernando
サン·フェルナンド王立美術アカデミー
▶︎公式Website
▶︎展示イベント案内

【基本情報】
開館時間:火曜から日曜日 10時〜15時
休館日:月曜、祝日、8月、年間行事、特別行事など
※詳細は公式サイトをご覧下さいね。


No comments:

Post a Comment