ベルサイユ風宮殿と庭園が美しいラ·グランハ·デ·サン·イルデフォンソ【La Granja de San Ildefonso】

ラ·グランハ·デ·サン·イルデフォンソ宮殿と庭園

朝ごはんを食べてエネルギーが湧いたみたい!朝食だけして帰るつもりだったけれど、お天気も良いので、急遽このままドライブしてセゴビア方面を目指すことに。緑に囲まれた旧街道の山道を30分ほど進むと、レアル·シティオ·デ·サン·イルデフォンソへ辿り着きました。

La Granja de San Ildefonso

この街は18世紀のスペイン王フェリペ5世の命によって建てられたラ·グランハ·デ·サン·イルデフォンソ宮殿があり、バロック様式のベルサイユ風宮殿美しい庭園がある街としても知られ、歴史的建造物群に指定されています。

ラ·グランハ·デ·サン·イルデフォンソの美しい庭園

  庭園とバロック様式の噴水


このラ·グランハ·デ·サン·イルデフォンソ宮殿は、宮殿内の装飾も素晴らしいのですが、フランスの建築家が設計したバロック様式の美しい庭園が見どころです。庭園のあちこちに26の噴水が設置され、お庭をお散歩しながら当時の優雅な雰囲気を今でも楽しめます。

ラ·グランハ·デ·サン·イルデフォンソ庭園案内図

地図の右側にあるのが El Mar《海》貯水湖があり、その水が庭園の噴水に行き渡るシステムです。18世紀当時は、王様や貴賓がお散歩中に噴水に近づくと、係の方達が手動で水道管を開放させて特定の噴水だけを稼働。水不足にならないようにコントロールされていたと言われています。

そうですよね。一見大きな貯水湖ですが、強い勢いを必要とする26の噴水をずっと稼働させるには、水が足りなくなっちゃいそうな感じでしたから。

現在、噴水は稼働していませんが《年に3回》全噴水が稼働する日があります。その日ばかりは18世紀当時のままの勢いよく流れる噴水の様子が一般公開され、その様子を一目見ようと多くの観光客で賑わいます♪


調べてみると噴水が稼働する日は5月30日7月25日8月25日。なんと、明日は8月25日じゃない!明日来てたら稼働してる噴水が見れたのになぁ~とちょっぴり残念だったけれど、イベントのない日の方が静かに庭園を散策できたので、これはこれで良しかな♪

宮殿前のカフェにて

美しい庭園をのんびりお散歩していたかったけれど、さっきまで涼しい朝はどこへやら?日差しが急に強くなり気温も上昇して、ふうっ~、暑い~!広大な庭園を端から端まで巡るには暑すぎるので、この日の庭園巡りは宮殿周辺だけで終了です。

秋の気配、緑色の栗の実を発見♪

宮殿前のカフェで一息している時、ふと見上げると栗の木に緑の実が付いているのを発見!まだまだ暑い夏だと思っていたけれど、季節は秋へと向かっているようです。紅葉が美しい季節も素敵なので、その頃またゆっくりお散歩しに来たい場所です♪

★【旧市街のお散歩と名産白インゲン豆の煮込み】に続きます。

La Granja de San Ildefonso
ラ·グランハ·デ·サン·イルデフォンソ宮殿
https://www.patrimonionacional.es

観光インフォメーション
www.turismorealsitiodesanildefonso.com

【アクセス】
バス: モンクロアのバスターミナル発着。セゴビアのターミナル発着。
La Sepulvedana(バス会社)
www.lasepulvedana.es


庭園内の秋の気配を感じる木々

No comments:

Post a Comment