【BODEGAS VALDELANA】500年の歴史と新たな挑戦を続けるワイナリー

Bodegas Valdelana en Elciego, Alava

リオハ·アラベサ地方のエルシエゴ村 Elciego でランチをしたとき、レストランのスタッフからお勧めされたのがこのボデガス·ヴァルデラナ Bodegas Valdelanaです。

14世紀末頃ヴァルデラナ家の先祖がバスク地方の山間 "ラナの谷 Val de Lana" からエルシエゴへ移住し、以後500年ワイン造りを続けている14代続く家族経営の歴史あるボデガです。

Bodegas Valdelana en Elciego, Alava


この地方にはカラドCaladoと呼ばれる地下に掘られた洞窟のようなワイン醸造貯蔵庫があり、ヴァルデラナ家は地下10mあるカラドでワインを代々造り続けていました。近年に新ボデガが別の場所に建築されてから、古いボデガはワイン博物館として生まれ変わっています。

ワイン博物館は、紀元前はこの地が "海" であったことを証明する海の生物の発掘物、ワイン造りに関する伝統的な道具や機材、ワインを楽しく学べる工夫、そしてワイン造りと共に生き続けてきたヴァルデラナ家の歴史がわかりやすく展示されて、ボデガ専属ガイドさんの丁寧な案内で進んで行きます。

■ 優しく微笑むマリア像

16世紀の礼拝堂とマリア様

博物館の奥には1583年と年号が定められた小さな礼拝堂があり、ヴァルデラナ家を見守っているマリア様が、当時のまま優しく微笑んでいるのが印象的でした。

■ ワイン·テイスティング


博物館見学のハイライトはワイン·テイスティング!地元で採れるオリーブオイル、白ワイン、赤ワイン各種の試飲です。歴史ある古いボデガですが、ワインのタイプはモダンで果実味が口いっぱいに広がり飲みやすいワイン。そして樹齢の高い葡萄畑も多く所有するのも歴史あるボデガならでは。それらの古株ぶどうから造られる凝縮で複雑な味わいのワインも造っています。

擦ると香りがするラベルや金粉入りワインなどもあり、伝統を重んじながら新しいものも積極的に取り入れてる活動的なボデガです。

村の教会を眺めるヴァルデラナのラウンジ

この日の見学者は私含めて5名。バスク地方からの年配ご夫婦、イタリア人の学生2人、そして私。ワイン·テイスティング中、参加者のバスク人のおじさまが「ワインを飲もう〜!」みたいな歌を突然歌い出しました♪もうびっくり!ガイドさんも一緒に口ずさんでたので、きっとこの地方の歌なのかな?本当に嬉しそうに歌ってたので、私もなんだか幸せ気分になっちゃいました♪


ヴァルデラナのお隣さんは、建築家フランク·ゲーリーが設計した有名なマルケス·デ·リスカルがあります。小さなエルシエゴ村に伝統的なボデガと現代的で斬新なボデガ、そのコントラストも不思議と馴染んでしまっているのもエルシエゴ村の魅力です。

ヴァルデラナはボデガを改装してホテルも経営しています。ホテルに宿泊して葡萄畑に囲まれるワイン村エルシエゴをゆっくり楽しんでみるのもありねって思います♪

Bodegas Valdelana
ボデガス·ヴァルデラナ
住所:Puente Barrihuelo, 67-69. 01340 Elciego, Álava.
電話:945 606 055
www.bodegasvaldelana.com


No comments:

Post a Comment