レジェスの日★我が家の今年のロスコンは失敗です!《Roscón de Reyes》

ぺっちゃんこな我が家のロスコン

スペインの子供達が夢みるレジェスの日が、今年もやってきています。子供達のお目当は、何と言ってもレジェス·マゴスからの贈り物! そしてカバルガタ(山車)と呼ばれるレジェスマゴス達を乗せた煌びやかなパレードを観ながら、レジェスマゴス達が投げるキャンディをキャッチする事です♪

子供の頃からスペイン暮らしでない私にとって、スペイン人の子供達ほど、レジェス·マゴスへ夢は抱けないけれど、この日に食べる《ロスコン·デ·レジェス(王様のケーキ)》は楽しみなので、今年もロスコンを作ることに♪


  今年もロスコン作りに挑戦!

ロスコンのレシピはいつもの通りの我が家流です。我が家のロスコンレシピは、以前ブログ記事にしていますので、そちらをご参考にして下さいね↓

分量も手順も同じです。

混ぜて〜
捏ねて〜
寝かせて〜
捏ねて〜
寝かせて〜
形を整えてオーブンで焼くだけ。

とっても簡単!

オーブンに入れる前のロスコンの生地

オーブンに入れる前までは完璧〜♪ 後は焼き上がりを待つのみでした。

がっ!?

オーブンに入れて待つ事10分、、、オーブンの中でロスコンがどんどん膨張して、オーブンの壁いっぱいまで膨らんじゃってるじゃない。

びっくりして、慌ててオーブンを開けてしまいました。これが大きな間違い。。。ロスコンが一気にしぼんでしまって、今年のロスコンは、ぺっちゃんこな、なんとも可哀想な感じのロスコンになりました。


  失敗の原因

はて?何がいけなかったんだろう?
もう一度、レシピをよく読んで見直したら…。あっ!イースト菌15gだった!

スペインで一般的に買えるフレッシュイースト菌は、パッケージ1つが25gで販売されているのが多いです。他の材料の分量をきっちり測ることに集中して、肝心のイースト菌の分量を測るの忘れ、25g全部入れてしまったようです。あちゃ〜!

という訳で、かなり多めなイースト菌のせいで、私のロスコンは膨れ上がり過ぎてしまったんでしょう。お菓子作りは分量が大切と聞きますが、パン作りにイーストの量を守ることは基本中の基本!新年早々から大失敗です。


  歪な形でも美味しいロスコン!

ちなみにロスコンのお味の方はというと、形は微妙でしたが、とても美味しいロスコンに仕上がってました。一緒に食べた義理の両親からも「形は歪だけど、味は美味しいよ♪」と褒めてもったので、大失敗でもなかったのかもしれませんが、次回ロスコンを作る時は、もっと注意深く作らないとと反省です。

せっかくふわふわロスコンを夢見て作ったのに、新年早々ぺちゃんこロスコンとは、何ともなのがっかりですが、「失敗は成功の素」とも言うし!

今年もまだ始まったばかり。ロスコンは失敗してしまったけれど、失敗を恐れずに、いろいろなことに挑戦できる年にしたいなぁと思います♪


  追記…1月20日

その後、夫が足蹴なくスイーツ店に通って当たったソルプレッサ人形を譲ってもらい、もう一度リベンジロスコンを作って、家族親戚の集まる食事会へ持参です。

ロスコンを切り分けるとき、誰にサプライズ人形が当たるかドキドキでしたが、またもや夫がサプライズをゲット!ついてるなぁ。

「これ、レジェスマゴスの三人目だ〜!!!」

今回のサプライズ人形は真ん中
やっと揃った三人のレジェス·マゴスのサプライズ人形♪

と、サプライズ人形を見て目を輝かせて嬉しそうな姪っ子♪どうやら、サプライズ人形を彼女も集めていて、今回のお人形でロス·レジェス·マゴスの三人が揃ったのだとか。

後から三人のレジェス·マゴスが揃った写真を送ってくれたけれど、ほんと、シリーズ物のレジェス·マゴスでした。こんな偶然あるのね。あんな嬉しそうな姪っ子の笑顔を見れたのだから、リベンジロスコンを作った甲斐があったなぁって思います♪



スポンサーリンク

No comments:

Post a Comment

お気軽にコメントをどうぞ!