【VILLA LUCÍA】スペインワイン名産地リオハの特大チュレトン·ステーキ薪炭焼きで豪快に新年をスタート!


 Chuletón de Vaca, Villa Lucía

お正月といえばお節料理♪日本の伝統お屠蘇やおせちで、新年を祝いした〜い!…ところなのですが、今年は北スペインのワイン産地リオハでの年明け。折角の機会なので、日本風のお節料理ではなく、スペイン風でガッツリお祝いすることに♪

リオハ·アラベサ(バスク地方)の地元でも定評のある Asador アサドール(グリルレストラン)Villa Lucía ビジャ·ルシア。特大チュレトン·ステーキとリオハワインで、豪快に新年の祝いです♪


  グリルな匂いで食欲アップ!
ヴィジャ·ルシア入口

新年早々の午前中、お天気に恵まれたリオハのぶどう畑をお散歩したら、お腹もいい感じで空いてきたので、グリル料理が美味しいレストラン ビジャ·ルシア へ向かいました。

Villa Lucía レストラン店内

レストランの店内は、黒と木目を基調としたカジュアルで落ち着いた雰囲気。テラコッタの床は田舎風。ワイン醸造用樽に使われる樽板材が天井デコレーション。壁一面いっぱいのぶどう畑の写真のあるダイニングルームは、ワインの里にぴったりの、素敵な雰囲気のレスランです。

葡萄畑の写真が素敵なダイニングルーム

少し早めに到着したので、レストランはまだ空いてて静かです。明るい光が注ぐ窓際のテーブル席をリクエストしたら、なんと予約でほぼ満席とのこと!店内をよく見れば、8人用、10人用など、グループのお客様用のテーブルセッティングされてました。

窓際ではないけれど、静かに食事ができる席を案内して下さり、テーブル席をゲットです。早めに来てよかったわ♪

バーカウンターと奥のキッチン

バーカウンターの奥にあるキッチンから、Asador アサドール(グリル·レストラン)特有の薪を焚く香り。メインのグリル料理用の火加減も準備万全ね。

それにしても、レストラン内に漂う、何ともいえないスモーキーな匂いを嗅いだ途端、一気に食欲倍増です!日本の焼き肉屋さん入って、焼肉の匂いを嗅いだ瞬間と同じ感覚ですね。


  メニュー選び

この日のメニューは、定番で美味しいアラカルト料理。そして、前菜数種・メイン・デザート付きのコース料理が2種類提供されていました(約30ユーロ/人。ドリンク別)。どれも美味しそうで悩んでしまう♪

お店のスタッフさんとオーダーの相談です。あれもいいな、これもいいな、と悩んだけれど、最終的に一口サイズのポーションで出てくる前菜各種と、メイン一品が楽しめる、Asador Vinatage アサドール·ビンタージ·コース料理を注文です。(2名様からオーダー可能)

地元のワインも豊富にリーズナブルな値段から取り揃えてありました。スペインワインの名産地ならではですね♪


  いざランチ開始!
アサドール·ビンタージ·コースメニューの前菜

《前菜4種》
・特性あったかチュピート(一口ショット)
・クリーミーなフォアグラとりんごのコンポート
・お肉のエキスたっぷりチュレタの自家製クロケータス
・カンタブリア山脈産仔牛のカルパッチョとイディアサバルチーズ

クリーミーなフォアグラは、りんごのコンポートの甘酸っぱさと合い絶品!そのまま食べても、パンにつけても美味しい。カルパッチョはさっぱり爽やか、バスク名産イディアサバルチーズが振りかけられてて、コクがいい感じにアクセントになってて抜群です。

メイン料理のステーキ分の胃袋の隙間を残しておかないといけないので、一口サイズの前菜の量はちょうどいい。しかも美味しくて色々試せて楽しいし♪

《メイン料理》
バカラオ魚やアラバ産仔牛、イベリコ豚、そしてチュレトン=サーロインステーキ(追加料金あり)から一品選びます。チュレトンは2名からオーダー可能。迷わずチュレトンをチョイスです。年明け早々、食いしん坊ぶりを発揮です♪

炙り焼きされたチュレトンステーキ!

ドッカン!チュレトン登場です!写真では小さく見えるけれど、ざっと1KG(もちろん骨を抜いた赤身だけの重さ)はありました。さすがバスク。太っ腹です!

チュレトンの表面は、こんがり炙り焼きにされて、熱々でサービスされます。中身はレアなので、卓上グリルでお好みの焼き加減で仕上げです♪

Chuletón de Vaca de Montaña a la brasa

ジュ〜ジュ〜!シュワシュワ〜!

スペイン風チュレトンの焼肉は、シンプリに粗塩と胡椒だけで、ソースはありません。肉の素材の良さと美味しさが際立ちます。

私の好きなお肉の焼き加減は超レアです。ざっくりカットされたお肉を、自分の食べたいタイミングで、卓上グリルでささっと炙っていただきました。

スモーキーで噛めば噛むほど肉汁が出て美味しいお肉。この日のチュレトンステーキは、いつになく極上で、ナイフの裏で切れてしまうぐらい柔らかったです。

Pimientos Asados con Sarmientos y Patatas fritas de la Llanada 

ステーキと一緒に、オリーブ油で揚げられたフライドポテト、郷土料理でもあるブドウの枝で焼いた赤ピーマンが付け合わせです。野菜の甘さがたっぷり、口の中でとろ〜り溶けてしまう赤ピーマンは最高!お肉との相性もバッチリです!

《デザート》
この日の私のデザートは、手作りナチュラル·ヨーグルトにアロペ·シロップがかかったもの。もっちりきめの細かいテクスチャーで酸味が美味しいヨーグルトに、甘いアロペ·シロップをお好みでかけます。

Yogur Natural con Arrope

Arrope アロペとは、ぶどうを濃縮させた甘酸っぱいスペイン伝統のシロップです。私はこのアロペが大好きなので、酸味とコクのあるヨーグルトにたっぷりかけていただきました。


  スペインの牛肉の味
美味しそうに焼かれるステーキ♪

多くのスペイン人にとって、美味しい牛肉は、老若男女を問わずご馳走です。スペインの牛肉は、日本のお肉よりも繊維質で噛みごたえがあり、噛めば噛むほどジューシーで肉の旨味をたっぷり味わいます。

日本の柔らかい霜降り肉も極上で美味しいのですが、スペインのお肉はまた違った味わいなので、お肉好きの方はスペインのお肉も、ぜひ一度お試しアレです♪



  ビジャ·ルシアがあるラグアルディア村
Laguardia カンタブリア山脈から流れでる雲とラグアルディア村 

北スペインのワイン名産地としてのリオハですが、このお店があるのは、正確に言うならリオハ·アラベサです。特にスペインでも美食とされるバスク地方です。

城壁に囲まれたラガーディア村のマヨール広場

ビジャ·ルシアがあるのは、Laguardia ラグアルディア という村カンタブリア山脈の麓にあり、葡萄畑の真ん中にある、中世の城壁に囲まれた美しい村です。国内外からたくさんの観光客も訪れる人気スポットとして知られています。


  イベントも開催するグルメ空間

私がこのお店を知ったのは、グルメな特産物コンフェレンスに参加したのが始まりです。プロ向けの会議の他にも、一般の方も参加できる、グルメに関するイベントも開催されています。次回ラグアルディアへ行くときは、何かのグルメイベントにも参加してみたいな♪


  お店情報と一言メモ

時期にもよりますが、予約をしておくと安心です。子供用の玩具やビデオやゲームなどの施設が完備されている広いキッズルームがありました。小さなお子さん連れの方には、嬉しいサービスです。レストランの入口ホールには、地元の特産品やワインなどのお土産販売コーナーあり。お店はラグアルディアの城壁の下に位置します。

クリスマスの時期にはベレン人形も飾られます。↓


Villa Lucía Espacio Gastronómico
ヴィジャ·ルシア
https://villa-lucia.com/

Laguardia Alava
ラグアルディア村情報の公式サイト
https://www.laguardia-alava.com

《ラグアルディアへの行き方》
バス:Alava Bus
バスクやリオハ各地からバスが運行しています。
http://www.araba.eus/alavabus/

スポンサーリンク

No comments:

Post a Comment

お気軽にコメントをどうぞ!