炎の画家ゴッホの世界に迷い込んで★光と音のバーチャル·アート体験【Van Gogh Alive, Madrid】

Van Gogh Alive Madrid マドリードの光と音のバーチャルゴッホ展の会場
 Van Gogh Alive Madrid 2019

ゴッホの世界がよみがえる!アート愛好家でなくても《ゴッホ Gogh》という画家の名前を、そして彼の代表作の一つ 「ひまわり」を一度はどこかでみたことがあるでしょう。

ゴッホは19世紀の画家。大胆なタッチと色彩豊かで独創的な作品を数多く残し、現在でも世界中の人を魅了しています。

そんなゴッホの作品の中から約3000点を、現代的な光と音に包まんだ バーチャルアート体験ができる ファン·ゴッホ·アライブ Van Gogh Alive がマドリードで開催中で話題になっています。

「ひまわり」を描いたゴッホとは?

Van Gogh Alive Madrid マドリードのバーチャルゴッホ展のひまわりの映像
ゴッホの「ひまわり」に囲まれて

正式名:フィンセント·ファン·ゴッホ Vincent Van Gogh

ゴッホは1853年オランダで生まれのポスト印象派の画家。聖職者を夢みたゴッホですが、やがて画家を目指します。オランダ、そしてベルギーで絵画の制作活動。オランダ時代の彼の作品は、貧しい農民や労働者を描いた暗い色調の絵画が多いです。

Van Gogh Alive Madrid マドリードのゴッホ展の生涯と絵画についての展示説明
ゴッホの生涯と絵画についての展示

1886年からパリへ移住し、明るい色調の絵画が多くなります。日本の浮世絵にも関心を持つのもこの頃です。
1888年から南フランスのアルルに移住し、あの有名な「ひまわり」を描きます。
1889年よりアルルのサン=レミ療養所に入所。
1890年自らを銃で撃ち37才の若さで生涯を閉じます。


ゴッホの世界へ:光と音のバーチャル体験

Van Gogh Alive Madrid マドリードの光と音のバーチャルゴッホ展の星月夜を鑑賞する人々
 ゴッホ代表作の一つ「星月夜」

【暗闇に浮かぶゴッホの絵画】

展示会場は暗闇の中です。巨大スクリーンが展示会場を包み、ゴッホの絵が次々に映り出されます。絵画なので静的なものなのですが、現代のテクノロジー映像の世界と混ざり合い、絵画の世界を動的に感じることができます。

ゴッホの代表作の一つ「星月夜」は素晴らしいの一言!深い青と輝く黄色い。バーチャルアート効果が加わり、ゴッホの星月夜の世界に本当に迷い込ってしまったような、そんな錯覚をしてしまうほどです。

Van Gogh Alive Madrid マドリードの光と音のバーチャルゴッホ展の日本の浮世絵風の絵画
 ゴッホと日本の浮世絵の世界

【浮世絵とゴッホ】

日本人の私からするとかなり斬新なタッチと色合いですが、この浮世絵独特の構図はどことなく懐かしい。故郷日本に思いを馳せる作品です。それから花魁と一緒に映し出される文字にもびっくり!これは展示会場で観てくださいね。


ゴッホの世界を物語風に

Van Gogh Alive Madrid マドリードの光と音のバーチャルゴッホ展のアルルの時代の絵画
アルルの時代

展示会はゴッホの生涯と絵画が物語風になっています。ゴッホの生きた時代ごとに絵画が順番に映し出され、絵画に合わせて音楽も響き、ドラマチックに演出されています。光と音に包まれて、まさにゴッホの世界が蘇ったようです。

マドリードでの鑑賞方法はいたって自由。立ったまま、長椅子に座ったり、クッションソファーに寝転んだり、私は地べたに座って鑑賞したりとみなさん自分流にゴッホ展を楽しんでいるようでした。

ゴッホの美しくて狂気的な世界が体験できるこの展示会、私は会場にいるあいだ魅了されっぱなし!このゴッホ展は2月26日まで開催されています。ご興味のある方はぜひ!



展示会場はマドリード文化芸術活動の場
Círculo de Bellas Artes

Van Gogh Alive Madrid マドリードの光と音のバーチャルゴッホ展の展示会場となった舞踏の間
展示場となった舞踏の間 Salón de Baile

ゴッホ展が開催されているのは、マドリードの文化芸術活動のシンボル的存在として知られている シルクロ·デ·ベジャス·アルテス Círculo de Bellas Artes です。1880年に設立され、現在もマドリードの文化活動の重要な場として活動が続けられている機関です。

その サロン·デ·バイレ Salón de Baile(舞踏の間)という広間が展示会場になっていました。天井細工大理石の柱も見応えありです。


ゴッホ鑑賞後は余韻にひたれるカフェで一息♪

ゴッホの世界にどっぷり鑑賞した後は、建物1Fに古いシャンデリアが美しいカフェもあります。ときどき著名人などをインタビューしていることも♪ 

また、屋上階には展望テラスもあります。冬場はちょっと寒いけれど、晴れた日には展望テラスからみるマドリードの眺めは素晴らしい。ガラスで囲われたカフェレストランもあり。展望テラスまでは専用エレベーターで上がります。(有料)


ゴッホ展示会情報と一言メモ

Van Gogh Alive Madrid マドリードの光と音のバーチャルゴッホ展のアーモンドの花
桜に似ているアーモンドの花

★展示会へは事前にチケットをオンライン予約購入しておくと良いでしょう。私は朝12時入場チケットでしたが並ばず入場できました。
★映像は1回約30分です。私は2回鑑賞しました♪特に鑑賞回数に限りはありません。

Van Gogh Alive - The Experience
ファン·ゴッホ·アライブ-ザ·エクスペリエンス
開催:2018年12月26日〜2019年2月26日
時間:10時〜23時
入場料:大人16ユーロ、4〜15才12ユーロ。学生、高齢者、障がい者割引あり。
http://www.circulobellasartes.com/

Círculo de Bellas Artes
シルクロ·デ·ベジャス·アルテス
http://www.circulobellasartes.com/



スポンサーリンク

No comments:

Post a Comment

お気軽にコメントをどうぞ!