マドリードで珍味カタツムリを食べるならココ!1942年から続く老舗下町の味【Casa Amadeo Los Caracoles】


カタツムリ料理と聞けば、フランス料理のエスカルゴをイメージする方も多いのではと思いますが、スペインもカタツムリを食べるんです!スペインではカタツムリをカラコレス Caracoles といい、やはりグルメな珍味として親しまれています。

  マドリード蚤の市ラストロとカタツムリ屋さん

Casa Amadeo Los Caracoles, Madrid

400年以上もの歴史があるマドリードの蚤の市ラストロ El Rastro。骨董品、絵画、置物、洋服、アクセサリー、カードなどなど、ラストロに行けば無いものが無いと言われる蚤の市です。このマドリードの蚤の市は毎週日曜日に開催され、地元の方や観光客で賑わいます。

その中心となるカスコロ広場 Plaza de Cascorro に、カタツムリを美味しく食べさせてくれる1942年創業のマドリードの老舗バル、カサ·アマデオ·ロス·カラコレス Casa Amadeo Los Caracoles があります。蚤の市の日は、特に混雑するマドリードの人気バルです♪

  名物のカタツムリを食べてみよう!

昔流の陶版でサービスされる名物カタツムリ

大きくてプリプリなカタツムリ

北スペイン産の新鮮で大きめなカタツムリを、チョリソと秘伝スパイスでじっくり煮込んでいます。カタツムリの殻に入り込んだソースをお猪口のようにして一口味わうと、優しいピリ辛が口いっぱいに広がり激ウマです!さらにカタツムリを楊枝で引っ張り出して、プリプリ·カタツムリの繊細な味を楽しみます♪

Casa Amadeo Los Caracoles, Madrid 

細長い店内、赤い壁、モロッコ調のランプシェイド。引き詰められたレトロ感たっぷりのタイルもいい感じ♪お店はいつもわいわいガヤガヤ、カタツムリを楽しむ人でいっぱいです。

カタツムリは昔ながらの陶版に盛られて出てきます。ここのカーニャ Caña(小グラス生ビール)は、昔サイズのカーニャで量がちょっぴり多め。ピリ辛のソースでじっくり煮込まれたカタツムリを、冷えたビールやワインと一緒にいただきます!


カタツムリは一皿(ウナ·ラシオン)12.50ユーロ とハーフ皿サイズ(1/2 メディア·ラシオン)7.50ユーロ。一緒に行く人数やカタツムリ好き度にもよりますが、4人くらいまでなら1/2ハーフポーションのタパスで十分です。

私はお持ち帰りをした事がないけれど、500gや1kgなどテイクアウトもできるみたいです。

店内に大切に飾られている日本からの手紙は1982年もの

アマデオさんから「余ったソースもパンに付けて食べるんだよ!」と教えて貰ってからそうしてます。 パンに付けながら味わうソースも格別で美味しい♪

少年だった1942年からずっと、今でも現役で働くオーナーのアマデオさん。店内を足早に動き回って一生懸命働く姿はとても粋に感じます。笑顔が素敵なアマデオさん、いつまでもお元気で頑張って欲しいな♪


  一言メモ

★カタツムリの他にも、ザリガニの煮込み Cangrejo de río や、豚の耳 Oreja de cerdoなど名物料理もあります。
★ラストロがある日曜日はとても混んでいてすごいです。
★お天気の良い日は、カスコロ広場にテラス席も設置される事もあります。

ショーウインドーに並べられたカタツムリと他の食材
そしてアマデオさんの似顔絵入りワインも♪

Casa Amadeo Los Caracoles
カサ·アマデオ·ロス·カラコレス
https://www.loscaracolesdeamadeo.com/

No comments:

Post a Comment