骨のお菓子?諸聖人の日に食べるスペイン伝統スイーツ!【Día de Todos los Santos】

Buñuelos y Huesos de Santo

スペインでは、11月1日はカトリックの諸聖人の日Día de Todos los Santosで祝日です。スペイン各地で細かな風習がありますが、基本的にはお墓参りに行き、お花を捧げる日として知られています♪

ウエソス·デ·サントが並ぶショーケース

久しぶりに朝から晴れて気持ち良いマドリードの祝日。大好きなパステレリア·マヨルカでのんびり朝食です。「あれれ、朝からスイーツを買う人多くない?」 と夫に話すと、「今日は諸聖人日で伝統菓子を食べる日だよっ」と。

すっかり忘れたけど、そうだった!スイーツを買いに来ていた方達は、この日に食べる伝統菓子ウエソス·デ·サントブニュエロスを買い求めに来ていたお客さん達でした♪

  伝統菓子とその由来


Buñuelos de viento
ブニュエロス·デ·ビエント

カスタードクリーム、生クリーム、チョコレート、サツマイモやカボチャなどを練り込んだ、ふわふわで可愛い小さな揚げ菓子です。このブニュエロを一つ食べると、煉獄の魂(罪の償いを果たしてないキリスト教徒の霊魂)から救われるという伝説があるそうです。


Huesos de santo
ウエソス·デ·サント

訳すと《聖人の骨》という名前の伝統菓子。卵黄を甘く煮込んだぺーストやカベージョ·デ·アンヘルと呼ばれるカボチャの甘煮ペースト、チョコレート、クリームなどを、アーモンドを練ったマサパンという生地で包んだ素朴なお菓子。親指くらいの大きさで骨のような形が特徴です。死者の象徴とする骨を食べるのは、死者を愛し恐れていないという証だとか。

Panellets
カタルーニャ地方やバレンシア地方などで食べられる伝統菓子。モスカテルのスイート·ワインと一緒に食べられる事も多い。

スペイン式の伝統に習って、我が家もブニュエロスと聖人の骨を頂きました。伝説通りなら、これで私たちも死者を恐れず、そして悪い魂から救われた、はずね♪



  おまけ:死者のパン

先日メキシカン·ハウスへ行った時に見た、死者の日の祭壇にお供えされていたのと同じような死者のパンを発見!スペインで売られているのを初めて見つけました♪味はわからないけど、よく見るとパンの上に骨模様があって可愛らしい♪

★関連記事:マドリードで見るメキシコ流《死者の日の祭壇》

Pan de muerto

Pastelería Mallorca
https://www.pasteleria-mallorca.com/

No comments:

Post a Comment