カタルーニャ名物カルソッツの季節到来!バルセロナ観光中に手軽に食べられるラ·ボケリア市場の路地裏レストラン【L'Antic Forn, Barcelona】

カタルーニャ地方の冬の風物詩カルソッツ!

冬の時期にカタルーニャ地方を訪れたなら、絶対食べたいカタルーニャ名物カルソッツ Calçots!カルソッツとはカタルーニャ地方の名物ネギのこと。カルソッツ(ネギ)を直に網に乗せて、炭火や直火でじっくり焼いて特製ソースを付けて豪快に食べる!まさに旬の素材を楽しむ名物料理です♪

この時期になると、カタルーニャ地元の方達は家族や仲間を集めて、お庭や野外、または郊外のレストランでBBQ風に煙もくもくでカルソッツ(焼きネギ)を楽しむそう!

カルソッツ季節のバルセロナに滞在中なので、私もそんな仲間が現地にいればいいのになぁ〜ですが、現実はそうでないので、カルソッツを手軽に食べられるバルセロナ旧市街にあるお店 ランティック·フォルン L'Antic Forn へ行ってきました♪


  カルソッツって何?

泥がついたままのカルソッツ!

カルソッツとは、カタルーニャ地方の名物野菜の一つ。長ネギみたいだけれど、長ネギではなく、玉ねぎの中心から芯が伸びて長ねぎ風になったもの。しっとりした肉厚の手触りとトロリとした食感がたまりません♪

  カルソッツ入荷してる?

午前中のバルセロナ散策が一通り終わり、ラ·ボケリア市場を物色してそろそろランチの時間です。カルソッツを食べられそうなお店を探し、カルソッツが入荷してるか電話で確認してから、お店へ向かいまいした。

カルソッツのイラスト発見!

Aprofita la temporada de calçots!!
カルソッツの旬をお見逃しなく!

ランティック·フォルンは、バルセロナ旧市街の目抜き通りラ·ランブラス通りに面するサン·ジョセップ市場=ラ·ボケリアの裏路地にありました。入口にカルソッツポロンという容器に入った赤ワイン、そしてカルソッツを頬張るイラストを発見。一気にテンションアップです。(⌒-⌒)

L'Aantic Forn お店の入口

古い木製の扉を開けると、白いタイル張りの床、所々にある柱、小さなテーブル。趣のあるヨーロピアンな食堂です。大きなガラス窓から入る柔らかい光が素敵で、とても落ち着いた雰囲気に包まれていました♪

  カルソッツを注文してみる!

ランティック·フォルンの店内

私たちは食いしん坊女子3人。お腹ペコペコだったので、メニューを見る前に、まずはお目当のカルソッツを注文です。一皿にカルソッツが8本から9本なので、とりあえず一皿を注文です。

カルソッツの他、メニューを見ながらあれもこれもと注文したら、親切なウエイターさんが「ちょっと注文多いと思うなぁ、一先ずこれくらいにして、まだ食べられそうなら再度注文すればいいよ♪(微笑)」とのアドバイス。結果的には、追加注文なしでちょうど良かったので、ウエイターさんナイス!

  カルソッツの食べ方

カルソッツには特製ロメスコソースを付けて召し上がれ♪

焦げ焦げで熱々のカルソッツ。さてどうやって食べようか?と思う方も多いはず。でもご心配なく!食べ方は至って簡単。要するに、黒く焦げた皮をとってソースにつけて頬張るだけです♪

【カルソッツの食べ方】

1. エプロンをする。
2. 黒く焦げたカルソッツの皮を一枚剥いで、根本をつまんで一気に引く抜く。
3. きれいに焦げが取れたカルソッツに、特製ロメスコソースをつける。
4. 片手でカルソッツを高くあげ、根元から豪快にかぶりついて食べる。

ロメスコソース Salsa Romesco は、パプリカ、トマト、アーモンドがベースになったとろみのある特製ソースです。ロメスコソースは、熱々で肉厚のカルソッツの味を引き立たせ、日本人の口にも合い、病みつき間違いなしの美味しさです♪

ここのお店のロメスコソースは、アーモンド風味がとても効いていて、かなり濃厚に仕上がっていました。色々なお店へ行って、好きなロメスコソースを探し求めるのも、カルソッツの楽しみ方かなって思います♪

それから、手が汚れないようにとビニール手袋を用意してくれました。お上品?!ビニール手袋があるお店に来たのは初めてだったのでびっくりです!いつもは手が真っ黒になりながら、むしゃむしゃ食べちゃってましたから(笑)♪

  一品料理

Escalibada エスカリバーダ

Butifarra ブティファラ(ソーセージ)

Canelones カネロネス

Crema Catalana クレマ·カタラナ


私達はカルソッツの他に一品料理を食べたのですが、11月〜4月のカルソッツの季節になると、前菜にカルソッツ、メインのグリル料理、そしてデザートと飲み物付の "カルソターダ Calçotada 特別メニュー" があるとの事でした(€35/人)。

私達が行った時は、観光客は私達だけでした。観光シーズンじゃないのかな?ランチメニューもあったので、ビジネスマンの方が一人でランチもしていました。

このお店の名前ランティック·フォルンを直訳すると「古いオーブン」でしょうか。お店の奥に炭を使った古いオーブンを見せてくれました。私は初めてこのお店へ行ったけれど、カルソッツだけでなく、他の食材のグリル料理を美味しく食べさせてくれるお店かなぁって思います。


  お店情報と一言メモ

バルセロナ市内にはこのお店以外でも、カルソッツを美味しく食べさせてくれるレストランはあるのではって思うけれど、カルソッツ本来の食べ方がバーベキュースタイルなので、観光中のラ·ランブラス通り付近にあり、手軽にカルソッツを食べられるお店を見つけるのは難しかったです(苦笑)。どなたかご存知の方は教えて頂けると嬉しいです♪

今回のお店はボケリア市場に近くにあり、バルセロナ旧市街を観光中に、手軽に美味しくカルソッツ体験ができるので、観光中の限られた時間を有効に使いたい方におすすめです。

今シーズンのカルソッツの季節は始まったばかり!この時期にバルセロナを訪れる方は、カタルーニャの冬の風物詩カルソッツをお試しあれです♪(⌒-⌒)

L'Antic Forn (El Antiguo Horno)
アンティック·フォルン
http://www.lanticforn.com/
月曜〜土曜 昼:13:00〜17:00
月曜〜土曜 夜:19:30〜24:00
日曜昼のみ営業
祝日はお休み

Mercat de la Boqueria
ボケリア市場


スポンサーリンク

No comments:

Post a Comment

お気軽にコメントをどうぞ!