リオハの葡萄畑を巡るワイントレイン乗車レポート!絶景もワイナリー見学も楽しめる欲張り旅【El Tren del Vino de La Rioja】

 El Tren del Vino de La Rioja

北スペインのワイン名産地の一つリオハ。南北を山々に囲まれ、リオハを横断するエブロ川流域にぶどう畑が広がる美しい地域です。

リオハのワイントレイン El Tren del Vino は、そんな山と川とぶどう畑が広がる美しいリオハの景色を車窓から眺め、ワイナリー見学でワインについて美味しく学びながら楽しめてしまうワイン観光です。

念願だったワイントレインに乗車したので、今回のブログでは、そのワインな体験をレポートしたいと思います♪

  ワイントレインってなに?


リオハのワイントレインは、日帰りで楽しめるワイン観光列車です♪

リオハの州都 ログローニョ駅 Logroño から ハロ駅 Haro まで約40kmの距離を約50分かけて進み、アロ駅に到着したら鉄道駅地区にある歴史あるワイナリーをガイドさん付きで訪問。ワイナリーでワインの栽培や醸造を少し学んでテイスティング。ランチをアロ村で楽しんでから再びログローニョに戻るツアーです。

ワイントレインのルート


  ワイントレインに乗り込もう♪

Logroño Station

近代的なログローニョ駅に10時45分集合です。レトロな衣装を身に着けた乗務員さん達が出迎えてくれて、ワイントレインに乗り込みます。座席は全て自由席なので、私は景色が楽しめる窓側の席をチョイスしました。

ワイントレインの車内


参加したみなさんは、お友達グループ、お子さん連れの家族、カップルやご夫婦と、老若男女さまざま。

車内では、コミカルな乗務員さん達が歌ったり踊ったり。ドタバタな寸劇が始まりました。私が乗車した日は、お客さんのほとんどがスペイン人。私的に寸劇の笑いのツボがイマイチ掴めないときもあったけれど(苦笑)、乗客の皆さんは寸劇中に声を掛けて参加したり、大爆笑したりと、車内はかなり盛り上がっていました♪

  ワイントレインの車窓から

 ワイントレインの車窓から

季節はちょうど紅葉がきれいな秋♪

天気は少し曇っていたけれど、赤や黄色に染まる美しいぶどう畑、ゆったり流れる曲がりくねったエブロ川とその流域、点在する歴史あるリオハの村々。何より雄大なカンタブリア山脈の絶景を、車窓からゆっくり眺められるのは見応えありです。

動く電車から撮ったので写真がブレてますが、車窓から眺める景色の写真をアップしますね。

ぶどう畑を走るワイントレインの車内

エブロ川と紅葉

小さな村

San Vicente de la Sonsierra

ぶどう畑で作業する人たち

ぶどう畑とエブロ川の小道をサイクリングする人


  アロ村でワイナリー訪問

ワイン列車から見るアロの鉄道駅地区のワイナリー

アロ駅周辺の鉄道地区には、歴史のあるワイナリーが集まっています。ワイントレインがアロ駅に到着すると、希望していたワイナリー巡りの開始です。乗務員さんがグループ毎にワイナリーまで連れて行ってくれるので楽チンです♪

Haro Station

今回私が訪問したのは、ロダ·ワイナリー Bodegas RODA。アロ鉄道地区ワイナリーの中では新しいワイナリーですが、丁寧なぶどう栽培と最新醸造技術から造られる、上品で凝縮感のある素晴らしいワインとして定評があります。

ロダ·ワイナリーでのワインテイスティング


  ワイナリー訪問後はランチタイム

Plaza de la Paz, Haro (夏の写真)

ワイナリー訪問を楽しんだ後は、お待ちかねのランチタイム♪ワイナリー見学の後は帰りの列車の出発時刻まで自由時間になります。ワイントレイン観光ツアーにはランチは含まれていないので、アロ村で好きなレストランやバルに行ってランチを楽しみます。

アロ村の中央広場 Plaza de la Paz 周辺、サン·トマス教会付近には、たくさんのバルレストランが軒を連ねています。ワインやタパスをつまみながらバルのハシゴするのもよし、レストランでテーブル席に座ってゆっくり食事をするのも良し。お好きなスタイルでランチを楽しみます。

ランチで満腹になった後は、アロ駅に集合して再びワイントレインへ乗り込み、ログローニョへ戻ります。

  ワイントレインを体験して♪

アロのワイナリー地区

リオハのワイン列車内に食堂車はないので、葡萄畑をみながら車内でワインと食事を楽しむことはできません。また、ワイン列車は現代的な列車で、特にクラシカルな雰囲気ではありません。

とはいえ、ワイントレイン往復乗車券ワイナリー見学(ガイドさん + ワイン試飲付)12ユーロ(一人)!リーズナブルな料金設定でこの内容なら、ワイントレイン観光の人気があるのは納得です♪

ログローニョから周辺地区のワイナリーを個人で見学したいとなると、公共交通機関ならバスや電車を利用するかと思います。リオハの公共交通は、季節や曜日によって運行状況や時刻表も変わるので注意が必要です。

見知らぬ土地の時刻表と睨めっこしながら、時間に合わせてワイナリー見学を自分で予約するのは手間がかかりちょっと面倒…。ですが、ワイントレインならそんな手間をかけずに、ネットで希望する日付とワイナリーを予約購入するだけです!

スペイン人に混ざりながら、スペインな雰囲気でリオハのワイン体験ができてしまうので、リオハのワイナリー巡り初心者さんにもお勧めしたいツアーです♪

  ワイントレイン情報と一言メモ

ダバディージョ城とエブロ川

★私が乗車した日の乗客はスペイン人が殆どでしたので英語説明はありませんでした。
★葡萄畑とエブロ川、そしてカンタブリア山脈の景色を楽しみたい方は、ログローニョ駅からアロ駅へ進行方向向かっての席に座ると良いです♪
★ランチは料金に含まれていません。アロ村のバルやレストランで、ワインやタパスを楽しみましょう。
★訪問できるワイナリーは日によって違います。
★乗務員さんの衣装やテーマも日によって違います。
★ワイントレインは基本的に週末に開催されるツアーです。

El Tren del Vino de la Rioja
リオハのワイントレイン観光
大人一人:12ユーロ(ワイン列車往復乗車券、ワイナリー1件訪問テイスティング付)
所要時間:約8時間(10:45〜19:00 )
https://www.larioja.org/

  追記 2019.1.25

2019年のワイントレイン開催予定は、2月、5月、6月、9月〜11月の週末です。

リオハのワイン·トレイン観光は、Best of Internacional de Turismo Vinícola 2018★インターナショナルワイン観光2018 を受賞した後、2019年のワイントレイン観光ツアーの訪問地区が広がる予定だそう。

今までは Haro にあるワイナリー見学のみでしたが、Casalarreina, Cuzcurrita, Tirgo, Gimileo, Ollauri, Rodezno, Briones, Briñasなど、近くの村へも行けることになるそう。移動方法としてHaroから無料バスが運行されるみたいです♪


スポンサーリンク

No comments:

Post a Comment

お気軽にコメントをどうぞ!