料理写真を美味しく撮ってみたい!プロカメラマンから串揚げ屋さんで学ぶ「撮って食べるカメラ教室」【AGEYOKA】

写真教室 Ageyoka

料理写真を美味しく撮ってみたい!といつも思っていてもなかなか上手に撮れない…。そんな私にぴったりの《料理を美味しく撮るコツを学べる写真教室》がマドリードで開催されたので張り切って参加してきました。

今回のブログでは、その写真教室の体験レポートをお届けします。


  講師のプロカメラマン山澤氏

通称 "Shin"さんこと山澤カメラマン

写真教室の講師は、スペイン在住のプロカメラマン山澤伸氏 Shin Yamazawa。約30年のキャリアから、日本的な感性とスペイン的芸術センスを融合した独特の世界を写真に映し出す、現在スペインで活躍されている日本人カメラマンです。

写真教室の風景

山澤さんとは、マドリードで毎年開催されるグルメの祭典《マドリード·フージョン Madrid Fusion》でお会いしたご縁がきっかけで、今回の写真教室に声をかけて下さいました。超ラッキー♪

  写真教室のテーマは美味しく撮る!

 まずは角砂糖を使って写真の基礎のおさらい

集まったメンバーは約10人。みなさん自慢の一眼レフを持参です。私もなんちゃって一眼レフを持参して、わくわく気分で教室へ向かいました。

今回の写真教室のテーマは《料理を美味しく撮る》です。そのために何が必要なのか、初心者でもわかりやすいように、光と影の関係。構図や撮影シーンの説明。カメラの基本的な操作と設定方法などから始まりました。

「オート撮影禁止ですからねっ。」とにっこり笑顔。

面倒だったりわからない時は、オートで撮ってしまう私ですが、この機会に一眼レフの設定や用語をおさらいして、完全マニュアル撮影に挑戦です。

F値の違いや証明の設置の仕方など再チェック!

自然光の入らない暗い部屋に角砂糖にライトを当てながら、光と影、レフ板の効果などの詳しい説明がはじまりました。光の角度や強さによって、角砂糖の見え方やテクスチャーが全く変わる!すごくわかりやすい説明です♪

参加者のほとんどが既にカメラを学んだ事のある方ばかりでしたが、皆さん真剣に説明を聞き入り、山澤さんへ質問もしていました。


  いざっ料理を美味しく撮ってみよう!

串揚げの揚げた部分の照り加減を写し出すのは難しい!

概要を学んだ後は、いよいよ生徒達による撮影のはじまりです。サラダと揚げたての串揚げ料理が運ばれてきました。美味しそう〜!ちゃんと撮れるかドキドキです!

生徒の皆さん、照明の配置もカメラ操作もスムーズに写真撮影していました。私も私なりに頑張ってはみたのですが、揚げ物のツヤ感を映し出すのとかやっぱり難しい〜。

照明やカメラのアングルや構図、光やカメラ操作のコントロールができてないのが、今回の写真教室でよくわかりました。


  料理写真を撮りおえて

 撮影後に食べたとんかつ!(コンデジ)

写真教室が開催されたのは、マドリードの串揚げ屋 AGEYOKA さんの夜の営業前の暗い時間です。このお店、以前から行ってみたかったお店の一つ。まだ開店から一年も経っていない日本食屋さんです。

写真撮影した後は、お待ちかねの被写体となった料理を美味しく食べる番です♪

「Salud, 乾杯〜♪」
「いただきま〜す!」

参加した皆さんでわいわい食事をしながら、山澤さんが生徒たちの撮った写真をPCに取り込み、生徒一人一人へのコメントが始まりました。

光の位置、明るさ、角度、流れ方、写真で何を表現したいのか、何を伝えたいのか、どこに意識を持って撮影しているのか…」などのコメントは、今後の改善ポイントとして役に立ちそうなアドバイスばかりです。

  おわりに

めちゃうま!大阪名物牛すじ煮込み「どて焼き」♪

今回の料理写真教室は、美味しく写真を撮るコツを学ぶばかりでなく、美味しい料理も食べられ、しかも写真好きな方達にも出会えた、一石三鳥な写真教室でお得感いっぱいでした。

ふわふわ抹茶シフォンケーキ★甘さ控えめな日本風♪

抹茶のトリュフとクッキー

食事をしながら、次回はマドリードの街歩きをして風景の撮り方も学んでみたいなど、生徒からのリクエストもあがっていました。

また写真教室が開催されるといいな♪

【おまけ】写真撮影用に用意された串揚げは、写真撮影中に冷えてしまったので、近いうちに熱々揚げたてを食べに来なきゃです!

  スペイン語のカメラ撮影用語


この写真教室は、山澤氏により全てスペイン語で説明されます。日本人生徒は、スペイン語のカメラ用語も同時に学べます。スペイン語の基本撮影用語を表示しておきますね。(←私が忘れないように)

絞り:Diafragma/la apertura del objetivo
シャッタースピード:Obturador/tiempo de exposición/Velocidad de obturación
露出:Exposición
ホワイトバランス:Temperatura de color
ISO感度:Sensibilidad de ISO
被写界深度:Profundidad de campo

電球:Tungsteno 2.700-3.000K
蛍光灯:Fluorescente 4.000K
快晴:Sol 5.000K
フラッシュ:Flash 5.500K
曇り:Nublado 6.000K
日陰:Sombra 7.000K


  写真教室情報

【講師】
プロカメラマン山澤伸氏
Shin Yamazawa
http://www.shinyamazawa.com

【撮影場所】
AGEYOKA Fritos de Osaka
串揚げ屋あげよか
日本人オーナーが経営するマドリードのオペラ座近くにある串揚げ屋さん
https://ageyoka.es



スポンサーリンク

No comments:

Post a Comment

お気軽にコメントをどうぞ!